080-3797-4802

ブログ

2018/05/19(土)

猫背などの姿勢の悪さがなぜ脊柱管狭窄症を引き起こすのか?

カテゴリー:ぎっくり腰, ストレートネック, ヘルニア, 坐骨神経痛, 慢性腰痛, 猫背, 肩こり, 脊柱管狭窄症, 腰痛 セルフケア, 腰痛 原因, 腰痛 姿勢

 

こんにちは!

 

大阪市福島区で「唯一」の慢性腰痛専門整体院 藍禅―AIZEN-

院長の矢谷卓也です。

 

今日は猫背などの姿勢の悪さが

 

なぜ脊柱管狭窄症を引き起こすのか?

 

というお話しをしていきたいと思います。

 

猫背の方やストレートネックの方は気を付けてくださいね。

 

といってもすぐには脊柱管狭窄症にはならないですけど。

 

何年も悪い姿勢が積み重なった結果ですから。

 

それでも腰痛を予防するためにも注意しておく必要はありますね。

 

何度もよく出てくるこの絵(^^♪

 

 

こんな姿勢の方は確かに脊柱管狭窄症になりやすいんです。

 

それ以前に肩こりにも

 

腰痛にもなりやすいんです。

 

なぜ猫背が腰痛になりやすいのか?

 

ひいては脊柱管狭窄症になりやすいのか?

 

もちろん肩こりにもなりやすいですが(^^♪

 

その理由を分かりやすく説明する為に

 

一度この絵に線を引いてみます。

 

 

そうすると何が分かるでしょうか??

 

ちなみに現代人のほとんどが

 

頭が骨盤に乗らずに前に傾いています。

 

ほぼ99%の方がです。

 

そうなると病気になりやすい姿勢になります。

 

頭が前に来ることによって重心が前に来るんです。

 

重心が前に来るということはどういうことか?

 

これはダルマ落としですが

 

 

ある部分が前に来ると他の部分は倒れないようにバランスを取らないとダメなんです。

 

これを先ほどの絵で考えてみると

 

 

頭が前に来ているということは

 

どこか後ろでバランスを取る必要があるんです。

 

それが股関節・お尻なんです。

 

ちなみにこれはストレートネックの絵ですが

 

 

頭が前に前に倒れようとすれば

 

体全体ではお尻でバランスを取ります。

 

では首レベルでバランスを取った結果が

 

ストレートネックなんです。

 

頭が前に倒れようとしているので

 

バランスを取る為に頸椎の下部が後ろに突き出ることで

 

なんとかバランスを保っているんです。

 

話を脊柱管狭窄症に戻しますが、

 

常に前に前に倒れようとしている力が働いているからです。

 

その前に倒れようとする力を支えて

 

お尻や太ももの後ろ、ふくらはぎが固くなるんです。

 

この姿勢だと腰痛になりやすくなります。

 

なぜか?

 

腰痛の原因は腰にはありませんでした。

 

では腰痛の原因になるのはどこかというと

 

主な原因は股関節でした。

 

股関節・特にお尻の筋肉が固くなると

 

腰を筋膜が引っ張るんです。

 

そのことで腰痛が起こってきます。

 

それを放置して

 

何年も何年も同じ姿勢のままだと

 

ある日腰痛・ヘルニア・坐骨神経痛ではなくて

 

脊柱管狭窄症の引き金を引いてしまうかもしれません。

 

長年の慢性腰痛

坐骨神経痛

ヘルニア

ぎっくり腰

脊柱管狭窄症

すべり症

産後の腰痛

諦めないでください!

無料相談はこちら

初回限定お試しキャンペーンはこちら

整体院 藍禅―AIZEN-

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月16日(月)まで
先着6名様限定割引 → 残り1名様

診察予約は今すぐお電話で

080-3797-4802

【受付時間】9時〜21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は9時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。