080-3797-4802

ブログ

2018/05/27(日)

身体の歪みは必ず取る必要があるの?

カテゴリー:ぎっくり腰, ヘルニア, 慢性腰痛, 産後の腰痛, 脊柱管狭窄症, 腰痛 セルフケア, 腰痛 原因, 腰痛 姿勢, 腰痛 治療, 腰痛 筋膜リリース, 院長の想い, 骨盤矯正

 

 

こんにちは!

 

大阪市福島区で「唯一」の慢性腰痛専門整体院 藍禅―AIZEN-

院長の矢谷卓也です。

 

本日は身体の歪みについてお話ししていこうと思います。

 

整体という職業柄

 

身体の歪みについては確かに敏感です。

 

身体の歪みが酷くなると

 

腰痛や神経痛になる方をたくさん診てきたからです。

 

だからこそ歪みについて正しい認識をもっておかないと

 

左右均等こそが健康という誤った考え方をもってしまうかもしれません。

 

ショックかもしれませんが・・・

 

結論から先に申し上げると

 

ほとんどの方は身体が歪んでいます。

 

でも、当たり前なんです。

 

ちなみに私はそれが自然だと考えています。

 

整体する先生なのに

 

なんて考え方を持っているんだとお叱りを受けるかもしれませんが、

 

これ本当に思っていることです。

 

ある程度の歪みなら大丈夫です。

 

だって右利き・左利きがあるように

 

身体は右か左かを主に使っているわけです。

 

その利き腕の問題とか

 

仕事上の負担とか

 

例えばデスクワークが多い方

 

営業で歩くことが多い方

 

立仕事が多い方

 

全て仕事や生活の影響が身体に現れてきます。

 

ちなみに私は来院された患者さんの身体をさりげなく

 

ざっと視診しています。

 

どんな歩き方をするのか

 

どんな立ち方をするのか

 

どんな座り方をするのか

 

それが全部施術のヒントになるんですね。

 

大体その方がどんなお仕事をしているのか

 

どこの場所がつらいのか

 

経験を積んで大体わかるようになりました。

 

それぐらい身体は正直なんですね。

 

さらに初診の時は問診で色々聞いていきます。

 

話を少し戻しますが

 

私たちの身体は仕事や家事、毎日の生活に対応できるよう

 

身体は作られていくので

 

多少の歪みは許容範囲なんです。

 

そこを歪み=悪い

 

みたいな考えで

 

全部が全部左右対称にするべきという考え方はどうかな?

 

と私は思います。

 

また歪みを取ったからといって

 

必ずしも腰痛や神経痛が良くなるわけではないことも分かっています。

 

骨をパキパキして

 

外から力を加えても

 

すぐに戻ってしまいます。

 

身体の歪みを作っているのは

 

ではなく

 

筋肉だからです。

 

もちろんあまりに歪みが酷い場合は

 

やはり腰痛や神経痛

 

ぎっくり腰・ヘルニア・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症など

 

起きてきます。

 

もちろんそうなれば

 

身体の歪みを解消する必要もありますが

 

時と場合によります。

 

全部が全部、体の歪みは解消する必要はないです。

 

むしろ多少歪んでいるから仕事がしやすかったりするので

 

さじ加減が難しいところではありますが

 

「全身の骨が歪んでいます」

 

「矯正しないと駄目ですよ」

 

「このままだと病気になりますよ」

 

という不安を煽る先生には注意してくださいね。

 

長年の慢性腰痛

坐骨神経痛

ヘルニア

ぎっくり腰

脊柱管狭窄症

すべり症

産後の腰痛

諦めないでください!

無料相談はこちら

初回限定お試しキャンペーンはこちら

整体院 藍禅―AIZEN-

 

 

 

 

 

 

5月22日(水)まで
先着6名様限定割引 → 残り1名様

診察予約は今すぐお電話で

080-3797-4802

【受付時間】9時〜21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は9時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。