080-3797-4802

ブログ

2018/05/28(月)

腰痛になる歩き方の特徴とは

カテゴリー:ぎっくり腰, ヘルニア, 反り腰, 坐骨神経痛, 慢性腰痛, 猫背, 産後の腰痛, 肩こり, 脊柱管狭窄症, 腰痛 セルフケア, 腰痛 原因, 腰痛 姿勢, 腰痛 歩き方, 腰痛 治療

 

こんにちは!

 

大阪市福島区で「唯一」の慢性腰痛専門整体院 藍禅―AIZEN-

院長の矢谷卓也です。

 

本日から歩き方についてお話ししていきます。

 

こんな方は要チェックです。

 

☑肩こりが昔からある

☑ストレートネックと診断されたことがある

☑普段から猫背と言われる

☑仕事でもプライベートでもよくパソコンを使う

☑スマホを見ながらよく歩く

☑よく下を向いて歩いている

 

なぜか?

 

普段はあまりにも当たり前すぎて

 

歩き方を意識しない方が大多数だと思います。

 

正しい歩き方を知らないし、

 

正しい歩き方の基準も知らない。

 

それは腰痛・坐骨神経痛になってしまいます。

 

当たり前ですよね。

 

でも、そんな間違った歩き方を普段からしていると、

 

いざひとい腰痛・坐骨神経痛になった時に困ってしまう。

 

場合によっては歩くことすらままならない状況になってしまう。

 

なんてこともあります。

 

では、腰痛になりやすい歩き方の特徴は

 

何なのか?

 

答えは簡単!

 

頭を前に出して歩くこと

 

よくよく自分の体を観察してください。

 

周りの人達の歩き方を観察してみてください。

 

ほとんどの方がこの歩き方になっています。

 

スマホが普及しすぎて

 

最近はみなさん前のめりの姿勢になっているんです。

 

もう99%と頭が前にきていると言ってもいいです。

 

だから腰痛は国民病とか言われるんです。

 

頭が前に来ている立ち方・歩き方は

 

筋肉で支える立ち方の延長ですね。

 

この状態で歩いていると

 

身体は常に前に前に倒れていこうとします。

 

それでバランスを取るために

 

お尻を突き出したり、太ももの後ろ、ふくらはぎで支えて

 

支えて支えて

 

いつの間にか

 

股関節や太ももの後ろ、ふくらはぎなどは

 

マッサージに行くといつの間にか

 

「固いですね~」

 

なんて言われたりします。

 

筋肉はただ理由もなく固くなるものではないんです。

 

固くなる理由がきちんとあります

 

こんな歩き方では筋肉が疲労してすぐに疲れてしまいます。

 

疲れやすい身体になります。

 

歩き方を変えるだけで

 

疲れにくい身体を手に入れることが出来るんです。

 

でも、その前に

 

間違った腰痛になりやすい歩き方とはどんなものか?

 

動画のサムネイル(表紙)はまさに

 

腰痛になりやすい歩き方の特徴そのものです。

 

詳細はコチラ

 

↓↓↓

 

【腰痛 姿勢】結論。これが腰痛や坐骨神経痛になりやすい歩き方

【腰痛 姿勢】結論。これが腰痛や坐骨神経痛になりやすい歩き方

 

長年の慢性腰痛

坐骨神経痛

ヘルニア

ぎっくり腰

脊柱管狭窄症

すべり症

産後の腰痛

諦めないでください!

無料相談はこちら

初回限定お試しキャンペーンはこちら

整体院 藍禅―AIZEN-

 

 

 

 

 

 

7月18日(木)まで
先着6名様限定割引 → 残り1名様

診察予約は今すぐお電話で

080-3797-4802

【受付時間】9時〜21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は9時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。