080-3797-4802

ブログ

2018/06/23(土)

集中力の持続は腰の力から

カテゴリー:ぎっくり腰, ヘルニア, 健康 食事, 反り腰, 坐骨神経痛, 慢性腰痛, 産後の腰痛, 痛みについて, 脊柱管狭窄症, 腰痛 セルフケア, 腰痛 姿勢, 腰痛 歩き方, 腰痛 睡眠, 骨盤矯正

 

こんにちは!

 

大阪市福島区で「唯一」の慢性腰痛専門整体院 藍禅―AIZEN-

院長の矢谷卓也です。

 

本日は腰痛のお話しではないですが、

 

腰の力についてお話ししていこうと思います。

 

腰の力が弱くなるとどうなるのか?

 

そもそも腰の力って何なのか?

 

腰の力って身体のどういうところとつながっているのか?

 

というお話しをしていこうと思います。

 

腰痛のお話しではないので、

 

実際に言葉で説明するのは難しいのですが、

 

やっぱり腰の力が強い、弱いってあります!

 

腰の力といってもピンと来ないかもしれませんが、

 

集中力を生むのって

 

やっぱり腰の力なんです。

 

腰の力がスポーツや仕事のパフォーマンスに直結しているんですね。

 

さて、当たり前ですが

 

腰痛のある方というのは

 

もちろん仕事をしていても

 

常に腰を気にしてます。

 

なんかしんどいな

 

なんか怠いな

 

重いな、痛いな

 

酷い方は坐骨神経痛とかヘルニアなので

 

神経症状が出ている

 

などです。

 

これは当たり前ですが

 

仕事や家事に集中できないですよね。

 

良い仕事(パフォーマス)は長い目で見ると

 

フィジカルな要素が非常に大切になってきます。

 

気持ちが前面に出て

 

物事を乗り切れるのは

 

学生時代のテスト勉強(しかも一夜漬け)くらいです。

 

毎日の生活はマラソンなので

 

身体を先に整えていかないと

 

気持ちはついてこないですね。

 

もちろん身体の自覚症状がまだある方はまだましな方です。

 

身体に力がある、腰が正常だからこそ

 

腰痛を感じるわけなんですね。

 

身体の警告なわけですから。

 

腰が痛い、重だるいと感じれば

 

その瞬間から労わろう、ケアしようという意識が働きますから

 

その瞬間から治療が始まっているといって良いのかもしれません。

 

さて、そういう意味では腰の力というのは

 

集中力に直結しています。

 

年齢を重ねると根を詰めれなくなってきたり、飽きっぽくなったりします。

 

これこそが腰が弱くなった証拠なんですね。

 

この場合の弱いはもちろん腰痛があるとか

 

腰痛がないとかの話ではなく

 

腰の柔軟性の問題なんですね。

 

文字通り腰というのは

 

肉の要と書きますが、

 

身体の要となっているので

 

身体の要所要所で大切なポイントになっているんです。

 

この腰がしなやかで柔軟性がある。

 

安定している。

 

などが腰の力と言われるものなんですね。

 

人は歳を取ると

 

この腰が硬化してきます。

 

腰が硬くなってきて柔軟性がなくなってきます。

 

そうすると腰が曲がってきたりしてきます。

 

だから仕事で何か集中して取り組む時に

 

必ずポイントになってくるのが

 

この腰の力なんですね。

 

誤解の無いように言っておくと

 

腰痛、坐骨神経痛とかヘルニアの腰の悪い方が

 

仕事に問題があると言っているわけではありません。

 

むしろ逆で

 

良い仕事をするために

 

腰を酷使してしまって

 

腰を痛めているということもあるんですね。

 

もちろん姿勢の問題や日々の疲労の蓄積もあります。

 

そういう面でみていくと

 

今の腰痛の方々は

 

まじめに仕事をし過ぎて

 

ケアが追い付かずに

 

腰痛になっているというケースが多いのかもしれませんね。

 

それでも良い仕事をするためには

 

腰の状態をはじめ

 

フィジカルなケアがすごく大切になってきます。

 

腰に力があってはじめて

 

本物の集中力が生まれてくるんですね。

 

長年の慢性腰痛

坐骨神経痛

ヘルニア

ぎっくり腰

脊柱管狭窄症

すべり症

産後の腰痛

諦めないでください!

無料相談はこちら

初回限定お試しキャンペーンはこちら

整体院 藍禅―AIZEN-

 

 

 

 

 

10月18日(金)まで
先着6名様限定割引 → 残り1名様

診察予約は今すぐお電話で

080-3797-4802

【受付時間】9時〜21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は9時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。