080-3797-4802

ブログ

2018/07/05(木)

30秒でお腹の緊張を取る方法

カテゴリー:ぎっくり腰, ぎっくり腰対処方法, ヘルニア, 坐骨神経痛, 患者様の声, 慢性腰痛, 産後の腰痛, 脊柱管狭窄症, 腰痛 お腹, 腰痛 セルフケア, 腰痛 原因, 腰痛 姿勢, 腰痛 歩き方, 腰痛 治療, 腰痛 筋膜リリース, 骨盤矯正

 

こんにちは!

 

大阪市福島区で「唯一」の慢性腰痛専門整体院 藍禅―AIZEN-

院長の矢谷卓也です。

 

お腹シリーズ続いています(^^♪

 

お腹みると大体腰痛の方、坐骨神経痛の方、

 

そうじゃない方

 

分かります。

 

腰痛や坐骨神経痛になりやすいお腹、

 

腰痛や坐骨神経痛になりにくいお腹、

 

それぞれその特徴をお伝えしました。

 

でも、今日は気分転換のエクササイズをお伝えします。

 

もちろんお腹のことにも触れます。

 

お腹を緩めることで

 

呼吸を深くすることが出来るんです。

 

気分転換にもなるので今日お伝えするエクササイズ

 

試してみてください。

 

腰痛になりにくいお腹は

 

上虚下実

 

腰痛になりやすいお腹は

 

上実下虚

 

でした。

 

ではお腹で一番緊張しやすいところといえば

 

どこになるかというと

 

これは

 

鳩尾です!

 

みぞおちです。

 

ここはストレスや緊張が続くと

 

すぐに固くなりやすいところです。

 

ちなみにここは武術で言えば急所に当たります。

 

鍼灸の東洋医学ではここは

 

禁鍼点となっています。

 

なぜかというとここは

 

鍼をしてはいけないということではなくて

 

非常に反応が出やすい箇所だからなんです。

 

そういう意味では

 

鳩尾というのは

 

結構デリケートなところです。

 

ここの緊張からはじまって

 

下のお腹に緊張が続いていくという

 

パターンが多いですね。

 

そして完成するのが

 

上実下虚のお腹!

 

さてこの鳩尾

 

なぜ固くなりやすいのかというと

 

呼吸を司っている

 

横隔膜と密接な関係があるからなんです。

 

ストレスとか

 

緊張の場面が続くと

 

呼吸を一瞬止めてしまうことが多いんです。

 

そのことによってこの

 

鳩尾が固くなってしまいます。

 

逆にいうと

 

ここを柔らかくすると呼吸をした時に

 

息が深く入ってくるのが分かります。

 

そうすると気分もすっきりします。

 

気分転換に良いです。

 

さて、この鳩尾をゆるめる方法

 

呼吸に合わせて行っていくだけで

 

結構簡単に緩んできます。

 

詳しく説明するよりも

 

これは動画をみた方が早いですね(^^♪

 

呼吸に合わせて

 

やってみてください。

 

詳しくはコチラ

 

↓↓↓

 

【腰痛 ストレッチ】30秒でお腹の緊張を取る方法!

【腰痛 ストレッチ】30秒でお腹の緊張を取る方法!

 

長年の慢性腰痛

坐骨神経痛

ヘルニア

ぎっくり腰

脊柱管狭窄症

すべり症

産後の腰痛

諦めないでください!

無料相談はこちら

初回限定お試しキャンペーンはこちら

整体院 藍禅―AIZEN-

 

 

 

 

 

 

 

 

5月22日(水)まで
先着6名様限定割引 → 残り1名様

診察予約は今すぐお電話で

080-3797-4802

【受付時間】9時〜21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は9時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。